香港国際空港からマカオへ高速フェリーで移動 その2(マカオの港、アウターハーバーは店が少ない)

2017年3月の香港・マカオ旅の事。

香港国際空港から香港駅までの出来事は前の投稿を見てください。

前の投稿はこちら。

エアポートエクスプレスの香港駅は地下フロアなのでフェリー乗り場がある上のフロアへ。

改札出る前の行先案内にもHk Macau Ferry Terminal(D)と記載がある↓

フェリーターミナル

改札を出た後、看板の矢印の通り進む↓

フェリーターミナル

ひたすら進む↓

フェリーターミナル

ひたすら上る↓

フェリーターミナル

一体、何階分登ったことか、、、

やっと、フェリー乗り場に到着↓

フェリー乗り場

このフェリー乗り場からマカオに行くフェリーを運航しているのは、この赤いマークのターボジェットの他にも複数社あるようだ。

だた、運行本数の多さやホームーページが日本語表記あるなど、乗ろうと思ったのはターボジェットだった。

ターボジェットの日本語サイトはこちら。※時刻表や料金が掲載さている

有人窓口の左手には自動券売機もある↓

フェリー乗り場

最初、この自動券売機で購入を試みたが、行先が国外扱いのマカオだったから悪かったのか、日本のクレジットカードで決済しようとしたのが悪かったのか、うまく購入する事ができなった。

いつもは機械で買えるなら自動券売機と格闘しながら購入するのだが、今回はあまり時間が無いので、早々に有人窓口へ。

有人窓口の上には写真では見づらいが発売しているマカオ行きの出港時間が電光掲示板に表示されている。

7時45分の時点で8時発のフェリーの乗船券を発売していた。

この窓口は片言の英語で通じた。

クレジットカード(現金可)とパスポートを渡して乗船券を購入する。

この8時発の乗船券を購入して先のゲートに進む事に↓

料金は177香港ドル(約2400円)と安いのか高いのかよく分からない料金帯。

乗船券

↓団体客も居て、フェリー乗り場の入り口は混んでいる、、、

フェリー乗り場

今回、乗船する高速フェリー↓

フェリー乗り場

香港とマカオを同じ中国とはいえ、別な国扱いなので出国審査(イミグレーション)を通る必要がある。特に何も聞かれずに通過↓フェリー乗り場

出国審査場を抜けた先の案内板↓

マカオでも行先が二か所ある。

今回行くのはマカオでもアウターハーバー。

これとは別にタイパという場所に行く便もある(便数は少ない)。

フェリー乗り場

ヘリコプターマークのsky SHUTTLEはヘリコプターでマカオまで移動できる。

料金は5万円程度だったと思う。夜の香港を見ながらマカオへ飛ぶには良さそう。

お金があったらの話だけど、、、

出港間際はやはり混む↓

フェリー乗り場

この列に並ぶ直前にも乗船券を見せるのだが、ここで座席番号が書かれたシールを乗船券に貼貼られる。ここで座席が割り当てられる様だ。

出港時間の間際だけど、乗船するのにまだ並んでいる↓

フェリー乗り場

高速フェリーに乗船したところ↓

ターボジェット

座席間隔はそれほど広くないが、窮屈ではない。

着席して少ししたら出港した。

乗船時間は約55分。

最初は揺れはあまりなかった。

沖合に出て、少し揺れたが耐えられない程ではなかった。

途中の数十分は香港の電波を受信してスマホでネットする事ができた。

沖に出て少し経つと圏外になり使えなくなった、、、

圏外の時間が数十分あり、港に到着少し前にマカオの携帯電話の電波を受信する事ができた。

55分はあっと言うまで、もうマカオに到着。

乗船してきたフェリー↓

マカオアウターハーバー

香港ではイミグレーションを通ってきたので、もちろんマカオでもイミグレーションを通る↓

マカオアウターハーバー

イミグレーションを抜けて一般エリアに出た所↓

マカオアウターハーバー

時間がそうゆう時間なのか分からないが、人が少ない。

建物も素っ気ないなら、つまらない。

マカオの船の玄関口アウターハーバーは店が少ないので注意。

マクドナルドはあるが、それ以外の飲食店の数は少ない。

この写真のフロアで現地SIMカードを購入する事ができるが、香港で使えるのかは微妙。

その逆の香港で購入したSIMカードがマカオで使えるかは、購入したSIMカード次第。

※安いSIMカードは香港だけでしか利用できない。

日本から香港経由でマカオに来るのであれば日本で契約している通信会社の海外ローミングサービスを利用するか、複数の国で割安で通信ができるSIMカードを日本で事前に購入して現地で開通させて使うのも手。

今回もアマゾンで販売している周遊SIMプリペイドを事前に日本で購入して、香港に着いてから開通(アクティベート)して使った。

香港・マカオを含むアジア圏で一度開通させれば連続した8日間、4GBまでの容量を使う事ができる。

日本でもソフトバンクにローミングして使えるので帰国してからも無駄なく使う事ができる。

残念だけど、中国本土は使えない。香港やマカオから中国に入ると使えないので注意。

この周遊プリペイドSIM開通方法はこちらで紹介しているのでどうぞ。

購入はぜひ、次のリンクからお願いします↓

最初からイレギュラーがあったけど、これからマカオを楽しむぞ!

マカオアウターハーバーの外観↓

マカオアウターハーバー

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

コメント

  1. 大樹 より:

    お邪魔します。
    マカオへのターボジェット旅、懐かしく拝見しました。
    マカオ&香港へ行ったのはもう10年くらい前なので久しぶりに再訪してみたくなりました。
    ターボジェットにはあまりいい思い出がなく、天気は良かったのにまさしく暴走!と言ってもいいターボジェットの荒い操舵に、もう乗らん!と思ったほど強烈な印象を持ったもんですが、こうして他の方の記事を読んでいると不思議なものでまたあのターボジェットに乗ってみたくなってしまうのが不思議です。
    また他の記事も読ませていただきますね。

    • TK より:

      コメントありがとうござます。
      自分が乗船した時はそこまで荒い操舵では無かった気がします。
      もしかしたら、10年のうちに船が変わったのですかね。
      その前乗ったベトナムの船が方が揺れたので、まだマシと思ったのかも知れません。

      投稿の頻度が少ないですが、これからも炒飯旅行記をよろしくお願いします!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。