韓国ソウルの河南テジチッで美味しいサムギョプサル(カルメギサが特に美味しい)

2017年5月の韓国ソウル旅の事。

一緒に行った友達の紹介でソウル ミョンドンにあるサムギョプサルが美味しいお店へと行く事に。

お店の名前は河南テジチッ 明洞1号店。ハングル表記は하남돼지집 명동1호점。

明洞1号店と書いてある通りチェーン店。

チェーン店だと少し軽く考えていたが、いい意味で予想を覆された。

場所はソウル ミョンドンの繁華街の中でも少し端の場所↓

Googleマップがハングル表記ばかりで全く読めない、、、

店の入口はこんな感じ↓

河南テジチッ

ハングル表記以外は無く、何と書いてあるか分からない、、、

正面右隣の建物1階にはスターバックスがあるから、それが目印。

店内はきれいで入りやすい。

下の写真右側のガラス張りの小部屋でサムギョプサルの肉を外側だけ焼き上げる焼台がある↓

焼いている時は火柱が上がる。

河南テジチッ

メニューには写真と共に日本語表記があるので注文しやすい↓河南テジチッ

メニューを見るとサムギョプサルは14,000ウォン(約1,400円)と決して安くは無いが、味を考えると決して高くはないと思う。

付け合わせはキムチ、ニラキムチ、行者ニンニクの酢漬け(?)、ニンニク↓

無くなっても頼めば無料で追加してくれる。

無料で付いてくると考えれば料金は多少高めなのは分かる。

河南テジチッ

注文したのはサムギョプサルとカルメギサ(豚ハラミ)↓

予め、肉の外側は焼いて持ってくるが中はレア。

目の前の鉄板一口サイズに切り分けて、ジュージュー焼いてくれます。

河南テジチッ

メニュー表によると14,000ウォンで150gとのこと。

1列が1人前(14,000ウォン)となる。上の写真は各2人前づつ。

数人で行ったので鉄板の上はこんな感じになりました↓

鉄板の半分がサムギョプサル、右半分がカルメギサと付け合わせのキムチを焼いたもの。

河南テジチッ

肝心の味はとにかく美味しくてパクパク食べれる。

ジューシーだがそこまで脂っこくないが、豚肉の脂の甘さが口いっぱいに広がる。

自分的にはサムギョプサルよりもカルメギサが特に美味しく感じた。

豚肉でこんなにも美味しいとかと思った程だ。

ほんとに何個でも食べれる感じ。

少し味に飽きたとしても行者ニンニクの葉で巻くとサッパリして更にパクパク食べれる。

この行者ニンニクの葉も中々日本人好みの味。

付け合わせのキムチやニラキムチは特に辛い訳でもなく、日本人でも食べやすい味。

キムチはもはや日本と変わらない感じだ。

この写真の他に、ビールやキノコ盛り合わせ、冷麺なんかも頼んだ。

ビール以外は外れなく美味しい。

ソウルに行くならもう一度、この店に行きたいと思った。

実は5月に行った後に7月にもソウルに行ったが、この河南テジチッに再訪した。

※今回の投稿は2回分の写真がごっちゃになっている(笑)

写真では店内は空いているが、ディナータイムは混んで待つ必要がある。

開店して早い時間かディナータイムの少し外した時間がおススメ。

複数人の方が色々な味を楽しめるが、1人で行っても美味しく食べれる。

2人前からのオーダーとなるがサムギョプサルとカルメギサ各1人前などと頼めば大丈夫だ。

河南テジチッの公式サイトはこちら

このサイト、韓国語のハングル表記しか無く、サイトに飛んでも何だか全く分からない。

営業時間などは韓国旅行サイト コネストのページで確認を。サイトはこちら

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする