タイ ドンムアン国際空港からバス・BTSでバンコク市内に行く方法

2016年8月のタイ旅の事。

先にタイトル中身の説明。

ドンムアン国際空港からバンコク市内(シーロム・スクンビットなど)に行くのに荷物が少なくて、人数が1~2人で、お金を掛けたくないなら路線バス+BTSで行くのがおススメ。

行き方はドンムアン国際空港の国際線出口を出て、一般エリアのロビーからガラス張りの扉を出るとその先がバス・タクシー乗り場だ。

↓国際線出口を出た一般エリアの所。

ドンムアン国際空港

↓扉を出た先。扉を出た瞬間の蒸し暑さが東南アジアを感じさせてくれる。

ドンムアン国際空港

↓バス停を見て回ると「A1」というバス停がある。

ドンムアン国際空港

これが、BTSモーチット駅・地下鉄チャトチャックパーク駅に立ち寄るバスのバス停だ。

↓バス停には外国旅行者を意識した表記がある。

ドンムアン国際空港

ドンムアン国際空港

少し待つと「A1」と書かれた古めかしいバスがやってくる。

バスに乗り込み車掌に30バーツを渡す。

すると、円筒形の小銭・切符が入った色紙で飾り付けした様な綺麗な筒から手際良く切符を切り渡してくれる。

バンコクバス

↑切符は日本の収入印紙をロール状にした様な形状で15バーツ毎になっている様だ。

30バーツなので2枚分切ってもらった。

少しするとバスは高速に乗り、そこそこのスピードで飛ばす。

外の雰囲気はザ・東南アジアの都市と言った感じだ。

途中いくつもバス停を通過するが、車掌のおばさんはアナウンスは特にしない。

が、モーチット駅に着くと声掛けして回り、半分以上の乗客が降りていく。

モーチット駅

↑モーチットのバス停で降りた所。午後でもこの渋滞だ。

写真中央のバイク二人乗りおばさんの奥に見えるA2と行き先表示されているバスは、同じバス停から出発する戦勝記念塔(ビクトリーモニュメント)に行くバスだ。

乗ってきたバスも同じオレンジ色の古いバス。

↓降りたバス停の目の前にモーチット駅・チャトチャックパーク駅の乗り口がある。

モーチット駅

チャトチャックパーク駅

BTSモーチット駅からシーロムまで42バーツ。BTSの料金はゾーン制なのでシーロム近辺の駅は42バーツと思って良いと思う。

バス30バーツ+BTS42バーツ=合計72バーツ。

タクシーだとドンムアン国際空港からバンコク市内まで約200~300バーツ(高速道路使わず)なので人数が数人以上居たり、荷物が多い場合はタクシーの方が安い場合もある。

ただ、バンコク市内は渋滞が激しいのでモーチット駅からBTSや地下鉄で攻めていくのが良いと思う。

※夜12時近いと電車は終電を迎えるので、その時間に到着する場合は諦めて空港からタクシーが良いと思う。

モーチット駅からドンムアン国際空港まで行く逆ルートは、ドンムアン国際空港から来た時のバス停の反対側の道にあり、同じくA1と書かれたバス停あるはず。

はずと言うのは、自分は2度このルートで空港に行ったが、中々バス停が見つけられなかった。ウロウロしていたが行先がA1のバスがやってきたという感じだ。

帰りもこのバスに乗って行くとドンムアン国際空港に到着する。

ドンムアン国際空港の敷地内に入っても最初に到着する停留所は空港職員向けのエリア。

更に少し進むと出発ロビー階の停留所に到着する。こちらも30バーツだ。

改めて書くが、ここまで書いたバス+BTSでバンコク市内に行く行き方は人数が1~2人・荷物が少ない人向けの行き方。

逆に荷物が多かったり、人数がある程度居る場合はタクシーやホテル・旅行会社で用意してる送迎バスを利用するのが1人当たりは安くなり楽々移動できる。

そもそも、ドンムアン国際空港には空港直結の鉄道が走ってない。

正確には空港前にタイ国鉄ドンムアン駅があるが空港から少し歩き、1~3時間に1本程度しか走ってない。しかも、時刻通りには列車が来ない可能性が高い。

なので、相当な玄人でない限りおススメしない。

玄人の端くれと思っている自分ですらドンムアン駅から乗った事がない。

ドンムアン駅から乗ってもバンコク駅はMRT(地下鉄)の終着駅、フランポーン駅がある場所なのでそこからの移動が大変だ。

だた、近い将来BTSがドンムアン国際空港まで延伸される予定なので、その時はこのルートは廃れてしまうだろう。

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。