ベトナム ブンタウ旅(ホーチミンからの日帰り旅は滞在時間短く、行った場所はちと失敗、、、)

2017年1月のベトナム旅の事。

ホーチミン バクダン埠頭から高速船で南に下り、日帰り旅の目的地ブンタウへ。

ホーチミンからブンタウへ高速船での行き方は前の投稿を見てください。

ブンタウへ到着したところ↓

ブンタウ

桟橋から撮影した所。写真の建物は高速船とはあまり関係無い↑

写真の場所はVung Tau Cable Car Tourismという建物で、山の上のに通じるロープウェイ乗り場だ↓

ブンタウ

詳細が掲載されているトリップアドバイザーのサイトはこちら

高速船が到着する桟橋はこの辺↓

桟橋から歩いてきたところ↓

ブンタウ

写真の見えてない左側にロープウェイ乗り場がある一番最初の写真の建物がある。

写真中央に見える黄色い鳥居の様な門の写真右下に緑色の小屋がある。

この小屋でブンタウからの高速船チケットを購入する。

行きですぐに満席になってしまったから、着いて早々に帰りのチケットを購入する事に。

購入した高速船のチケット↓

ブンタウ

行きが料金が200,000ドンだったので帰りももちろん200,000ドン。

航行途中に大型船の波の影響で速度を落としたので、ブンタウに到着にしたのが13時過ぎ。

帰りの最終便がなんと15:30発という早さ。

滞在時間は約2時間、、、、

ここのチケット売り場のおいちゃん、いい加減なのか名前も電話番号も聞かれなかった。

その結果チケットの名前はTAY、電話番号も良く分からない番号、生年月日も1978年で39歳とQRコードには入力されていた。

名前はともかく、年齢が39歳なんて失礼な話だ!

高速船の桟橋からビーチがある場所までは徒歩では行けない距離なので、タクシーで行く事に。

前日にボッタクリタクシーに遭遇して被害にあっているので、できる事ならタクシーに乗りたくなかったが、配車アプリUBERに登録している車がここには全く居ないのでタクシーでビーチまで向かう事に。

ボッタクリタクシーの詳細は前の投稿を見て下さい。

最初の写真の正面にタクシー乗り場があり、大手のVINASUNタクシーの案内係の人が立っている。

このタクシー会社ならひとまずは安心だと思う(似たボッタクリタクシーもあるので注意)。

この人に行先を伝えればタクシーを案内してくれる。

タクシーからの風景↓

ブンタウ

ちゃんとしたタクシーは車内にナンバープレートと同じ番号の表記などがされている↓

ブンタウ

ビーチの名前が分からなかったので、行先をインペリアルホテルにした。

タクシーが目的に着くと、写真の名刺をくれた↓

安心できるドライバーだったが、英語は話せなさそうなので電話で呼ぶのは無理そう(笑)

ビーチ

インペリアルホテル ブンタウへ到着↓

ブンタウ

インペリアルホテルの前にビーチが続いている。

ホテルの裏手にマーケットがあるらしいので歩いて行ってみることに。

インペリアルホテル横の遊園地(?)↓

元日だから営業していなかった。

ブンタウ

途中のお店もほとんど営業していない感じ、、、↓

ブンタウ

土産物屋はかろうじて営業していそう↓

ブンタウ

着いたのがTouristic Market↓

ブンタウ

なんかほとんどの店が営業していない、、、

元日だったからだろうか?

営業していても衛生環境的にあまりどうかと思う感じ、、、

なので、ぐるっと回って出てきてしまった。

ちなみに場所はここ↓

市場は諦めて、ビーチの方へ行く事に。

インペリアルホテル前に戻り、道を渡って、ビーチの方に行ってみる。

ビーチには人がそれなり居て、左右に砂浜が続いている。

砂はサラサラしているが、海が綺麗じゃない。

茶色しているとても入る気にはならない↓

ビーチ

プールもある↓

プールの周りにはパラソルが並び、そこで食事やお酒を楽しむ事ができる。

ビーチ

色々ビーチを歩いたあげく、写真右側の建物二階でご飯を食べる事に↓

ビーチ

場所はここ↓

Oceanside Hotelのレストランらしい。

ホテル・レストランを運営しているBIEN DONG OCEAN PARKのサイトはこちら

着いた時間が14時を過ぎていたからか、席が空いていた。

オープンな場所だけに海風が強い。

写真付きのメニューが出されたが、ベトナム語・英語なので写真から判断する事に。

写真からみて選んだ結果がこれ。

ビーチ

エビにカレーの味がしていた様な気がする↑

普通に美味しかった。名前は忘れました。

ビーチ

エビの塩焼き的な物を頼んだつもりが、衣揚げが到着。

かなり衣が付いているからエビは小さい。

衣はアメリカンドックの様な感じ。

量が結構あり、最後は衣を剥がして食べた(笑)。

これも名前は忘れた。

これの他にコーラを注文。缶のコーラが出てきました(グラス付)。

以上、3点で243,000ドン(約1,200円)。

量の割に安いような気もする。

ここの店はクレジットカードが使えた。

暗証番号を入力するテンキーの調子が悪いのか、サインをしてクレジットカードでお会計。

時間が14:50と船の時間ギリギリなので急いでインペリアルホテル前の大通りに向かう。

インペリアルホテルの玄関には客待ちタクシーがおらず、仕方なくホテル横の道で休憩していたVINASUNタクシーに声を掛ける事に。

ボッタクリタクシーで失敗しているので、念入りの遠目から車をチェック。

ちゃんと、登録番号とかが表記されていたので大丈夫そう。

声を掛けて高速船乗り場をスマホの地図で示して行く事に。

来た道を戻るのだが、高速船乗り場の手前の海沿いの商業施設にタクシーが止まった。

ここじゃないと説明し、乗り場が遠目に見える場所なので指差して向かわせる事に。

後で調べると、結構な手前のショッピング施設に前は乗り場があったらしく、それと勘違いした様だ。今もその乗り場は健在の様だが、ホーチミン行きの船は出ていない様子。

気を付けた方が良い。

高速船乗り場に戻ってきた。

だが、高速船は中々来ず、、、

どうやら遅れている様子。

待っていると日本人がちらほら。家族連れもいた。

出発時間15:30はとうに過ぎて待っていると40~50分遅れで高速船が到着。

到着客が降りた後に乗船する。

帰りは中国人は少なく、欧米人の人が多かった。

1時間遅れて高速船はブンタウを出港。

ブンタウ

船の外には大型の貨物船がいつくも近くを通っているのが見えた↑

帰りは行きと違って静かな船内↓

ブンタウ

帰りも1時間半ぐらい掛かってホーチミン バクダン埠頭へ到着。到着すると辺りは真っ暗で雨も降ってきた。

今回のブンタウ日帰り旅をして思ったのが、ほぼ半日ではブンタウは全然楽しめないという事。

また、事前に行くところを調べておかないと、見る所も食べる所微妙になってしまう事だ。

ブンタウのビーチは砂浜こそサラサラしていい感じ砂だが、海が全く綺麗じゃない。

行きも帰りも同じ船に乗っていた1人旅の男性が1人いた。

その人はブンタウのどこに行ったかは分からないが、同じように日帰り旅をする人が居るようだ。

ホーチミン旅で1日空いた日があったらブンタウに行っても良いと思う。

ただし、事前に下調べと早めに行動するのが楽しめるコツ。

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みどり より:

    私も1月中旬に ブンタウに1人で行きました。
    汚い海ですが、平気で泳ぎましたよ (>∇<;
    ホーチミンから手軽に行ける海とすると、
    私情で どーしてもブンタウに限られてしまって。

    ロープウェイ乗りと 海水浴がしたくて バックビーチ宿泊を選びましたが、
    近い観光スポットは イエス・キリスト像ぐらいしかなく、
    海鮮料理の夜店に行くにも、コンビニへ行くにも徒歩2~30分。
    インペリアルホテルは予算オーバーで、利便性のない場所でした。

    ロープウェイ料金が高いので、入園料含まれる遊園地も行きましたが、
    雨で 閑古鳥が鳴いているので、多くのアトラクションを稼動してもらえないのが、アジアらしいですね (・ω・;)

    やはり、ブンタウでは 配車アプリのタクシーは  いないのですね。゜゜(´□`。)°゜。
    なおさら、セオムの配車なんかも なさそうですね。

    ビナサンでも、ほとんどの悪質なドライバーに会いました。
    遠廻りされたり、
    オーシャンスターホテルから イエス・キリストまで1kmもないのに
    メーターで 6万ドン。 
    10万ドン紙幣を出したら、つっかえされ、「お釣りがない」
    と言っていたのか、
    それ以上に騙そうとして、「このお札じゃ足りない」と言っていたのか。
    ブスっとして お釣りを 請求するジェスチャーをしたら、
    6万ドンと表示されたメーターの電源をブチッと切られました。
    悔しかったけどとっさのことで、どう出るのが良いのかわからず、
    10万ドン渡して、降りました。。

    お釣りをもらうまで、粘って 車を降りなければよかったのか。。

    ビナサンタクシーに ベトナム語の例文参考に メールで苦情を送りましたが、
    返事をくれるわけでもなく。

    ボラれるのは 多く取られた悔しさよりも、最初は笑顔で
    親しみやすく接せられ、騙される、ということに、同じ人間同士の関係
    として、心が… 悲しい気持ちのダメージの方が強いです。

    それでも、夜店の人、オーシャンスターホテルのスタッフさん達や、
    隣りの ロン・チャウ食堂の人達の温かさに 悪い人ばかりではないと、
    少し救われたことが幸いでした。

    回想できる記事と大きな写真をありがとうございます♪

    • TK より:

      みどりさん
      コメント頂きありがとうございます。

      自分もタクシーで代金を多く取られたと言うよりも、悲しい気持ちの方がダメージが大きかったです。
      ビナサンタクシーでも良い人も居れば悪い人も居るのですね。
      そんな中でも良い人達に出会えたのは救いですね。

      写真、喜んでもらえて良かったです。
      沢山撮った中のごく数枚ですが、現地の雰囲気が感じられる写真を選びました。
      更新スピードはかなり遅いですが、これからも炒飯旅行記を宜しくお願いします。

  2. みどり より:

    レスをいただいていたことに気づくのが遅くなりまして、大変失礼いたしました!
    長ったらしいコメントで、通りすがりの者に、レスをいただき ありがとうございます。

    >ただし、事前に下調べと早めに行動するのが楽しめるコツ。

    まったく その通りと思いました。

    >ビナサンタクシーでも良い人も居れば悪い人も居るのですね。

    ネットの情報には、ビナサンタクシーの悪いことは 目にしたことがなかったので、ショックでした。

    これからも、どうぞ 気負わず マイペースで、
    旅のレポ&ポイントアドバイスを 楽しみにしております (・▽・)♪