ベトナム ホーチミンでチョコレート専門店 マルゥ直営カフェ Maison Marouに行く(店の前の道は危ない)

2017年1月のベトナム旅の事。

ベトナムにはマルゥ(MAROU)というチョコレートブランドがあって、日本でも有名らしいとの事。

そのマルゥの直営カフェ Maison Marou がホーチミンにある様なで行ってみる事に。

場所はここ↓

ベンタイン市場からも少し距離があるが歩いて行くことができた。

店の入り口はこんな感じ↓

バイクが雑然と置いてあり、店が分からなくて通り過ぎてしまうくらい分かりづらい。

↑店の前にバイクが並んでいるが、店内にバイクで来ている様な客は見当たらない。

店内の様子↓

マルゥ

↓おしゃれなチョコレートが並んでいる。

マルゥ

店員の白人のおじさんが商品の説明で声を掛けてくる。

英語が得意ではないので、説明を丁寧にお断りしてレジに進む。

カフェのメニューはチョコに関係した飲み物の他、チョコレートのお菓子、チーズケーキ、真マカロンなんかもあった。

アイスチョコレート(?)を注文して席に座って来るのを待つ事に。

※半年前の事で金額忘れました。

買ってはいないけど、チーズケーキが125,000ドン(600円程度)、エクレアが70,000ドン(340円程度)でした。

届いたアイスチョコレートがこれ↓

マルゥ

味は濃厚で甘すぎず美味しかった。

他にもケーキ類を頼めば良かったかな。

店内に工場は無いがお菓子類を製造する為か、ガラス越しに機械が見える↓

マルゥ

マルゥ

マルゥで一番有名なのは板チョコレート。

自分が見ただけでカカオ配合率が70(2種類)・72・74・76・78%の5種類ある。

マルゥはビターチョコレートなので甘さよりも、ガツんとカカオの苦みと酸味がかすかに感じられる。

この板チョコレート、サイズが24グラムと80グラムの2種類ある。

お土産にするなら、24グラムの物を種類違いで買うのがサイズ的に良いと思った。

値段は日本のアマゾンで80グラム1,250円~1,200円だ。

※カカオ80%はベトナム国内では見掛ける事はできなかった。

24グラムの板チョコレートはアマゾンで価格1,100円と80グラムとほとんど変わらない価格だ。

ベトナムのMaison Marouでお土産に購入しても良いが、ホーチミン市内の高島屋でも購入する事ができる。

場所はここ↓

高島屋ベトナムの地下食品売り場で販売している。

棚にチョコレートが沢山並んでいるが、上から2段目の3段目右側がマルゥの板チョコレートだ↓

マルゥ

24グラムで50,000ドン(250円程度)と購入しやすい価格↓

マルゥ

80グラムの板チョコレートの価格は、確か140,000ドン(680円程度)だったと思った。

現地価格とはいえ、高島屋でかなり買いやすい価格だ。

マルゥ直営カフェ Maison Marouでお土産として購入するのも良いけど、ホーチミン市内の高島屋で購入するのもありだともう。

記憶があいまいだが、高島屋の方が安かった気がする、、、

最後に、このマルゥ直営カフェ Maison Marouがある場所、危険です。

ここは車の通りが多い道から少し入った閑静な場所だが、通行人は少しはいる。

Maison Marouを探す為にスマホを見ながら歩いていた。(いわるゆ歩きスマホ)

店から10mぐらいの場所で、自分の後ろからバイクが走ってきた。

バイクの運転手が自分の持っていたスマホに手を伸ばし、スマホをひったくられそうになった。

その瞬間、スマホをギュッと握りしめる事ができたのでスマホを持って行かれる事無く、バイクは消え去った。

一瞬の出来事でかなり驚いた。その後、怖さで心臓のドキドキが続いた。

海外旅に多少なり慣れてきて、気を付けていなかったのも事実だが、まさか自分が被害に遭いそうになるとは思ってもみなかった。

その後から歩きスマホはやめた。

今回は、海外旅は日本と違うと言う事を改めた感じた苦い思い出。

マルゥの板チョコレートも大人の味で苦い(ビター)。

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。