タイガーエア航空 TR2453便搭乗記(クアラルンプール→シンガポール 座席間隔は狭い)

2017年2月のクアラルンプール・シンガポール旅のこと。

今回の旅はお昼12時にシンガポールの地下鉄チャイナタウン駅の出口階段前で友達と待ち合わせをしていたので、マレーシア クアラルンプールに到着してすぐにシンガポールに移動した。

東京からシンガポールへの直行便は沢山ある。

しかし、安いLCCで直行便は就航しておらず、クアラルンプール経由と比べると値段は高め。

今回も、羽田空港からはエアアジアXのD7 523便でクアラルンプール国際空港へ。エアアジア

↑今回のエアアジアX搭乗券。

余談だけど、数年前に初めてエアアジアXに乗った時は、システムトラブルで手書き搭乗券でした。今回はちゃんと印字されている。

↓羽田空港国際線106番ゲートは出国審査場抜けて右に進んだ一番奥。搭乗口まで遠い。

エアアジアX

今回、予約しておいた飛行機はタイガーエア航空 TR2453便。

クアラルンプール⇔シンガポール間はタイガーエアの他に、エアアジア、ジェットスターなどLCCがかなりの頻度で運行していて、うちの田舎のバスよりも運行本数が多い(笑)。

その中で、丁度良い出発時間と運賃が手頃だったタイガーエア航空を使う事に。

TR2453便の出発時間はクアラルンプール9:30発→シンガポール10:40着。

クアラルンプール国際空港第二ターミナル(KLIA2)は便のほとんどがエアアジアで、タイガーエア航空を含め他のLCCは少しだけ離着陸に利用してという感じ。

レガシーキャリアは第一ターミナルを使用している。

タイガーエアは自動チェックイン機が無く、チェックインカウンターは一番端っこのZだった。そのZも半分だけがタイガーエアーと言う少ないカウンター数。

※Zカウンター残り半分はジェットスターが使っていた。

当然、列が出来ていた。時間に余裕が無いとヒヤヒヤする事間違いない。

今回は余裕を持って搭乗手続きしたので、10~15分くらい待って搭乗券をゲット↓

タイガーエア

時間はまだ朝の8時。

搭乗開始時間8:45まで少し時間がある。

しかし、手荷物検査や出国手続きにどれぐらい時間が掛かるのか分からなかったので、早めに出国手続きする事に。

手荷物検査、手続きも思った程は時間が掛からず通過する事ができた。

なので、空港ラウンジで朝ご飯を食べる事に。

PLAZA PREMIUM Loungeに立ち寄ったが、それは別に機会に投稿する予定。

いざ搭乗ゲートへ!

クアラルンプール国際空港は手荷物検査が二段階ある。

まず最初は他の空港と同じで出国審査場(イミグレーション)前にある。

そこは、かなりラフな検査。ベルトをしてても問題なし。

次は免税店などを抜け、各搭乗口に行く途中にある。

ここは厳密にチェックしている様子。

ベルトを外さないとアラームがなる。免税店で購入した酒類がOKなのかは不明。

この二段階チェックはクアラルンプール国際空港だけなのか、それとも第二ターミナル(KLIA2)だけなのかは分からない。

この二段階目のチェックに少し列が出来ていたが、そこもクリアして搭乗ゲートへ進む。

今回の搭乗口L7はサテライトでは無くターミナル本体にある搭乗口で、ボーディングブリッジから搭乗する。

搭乗口待合室の案内表示↓

クアラルンプール国際空港

程なくしていざ機内へ。

搭乗率はそこそこでだったと思う。そこそこなのでそこそこの列↓

タイガーエア航空↑機体はLCCでお馴染みのエアバスA320。

横から見ても分かる通り、座席の間隔は狭い↓

タイガーエア航空

普通体型の自分で、ひざが前の座席は当たらないが、距離はかなり近い↓

タイガーエア航空

機内誌は国際線らしく、免税品のカタログもあって枚数は多い。

LCCなのでもちろんだけど、ディスプレイは無い。

飛行中、客室乗務員が免税品の案内をしていたが、誰も購入する様子も無かった。

1時間の飛行なので機内食や飲み物の注文も皆無だった様子。

飛行機は定刻通り1時間でシンガポール チャンギ国際空港へ到着。

ゲート番号は忘れたが、飛行機からイミグレーションまでそんな遠くなかったと思う。

それでもLCCなのでゲートからイミグレーションは遠い。

レガシーキャリアのANAの飛行機はターミナルから一番近い場所に陣取っていた↓

チャンギ国際空港

今回のタイガーエア航空 TR2453便は今は運行していない様子。

ただ、他の便でもタイガーエアの機内の狭さは変わらないと思われる。

1時間の近距離であれば耐えられるが、これ以上の飛行距離になったら安くても使うかは微妙。

しかも、クアラルンプール⇔シンガポール間はLCCの便数が多いので、タイミングが合えばタイガーエアよりも価格が安い航空券はあると思う。

出発時間の都合と予算の都合では選んでも良さそう。

ただし、クアラルンプール⇔シンガポール間の1時間ぐらいであったら。

余談だけど、マレーシア クアラルンプールに到着した12日前に今回利用した第二ターミナルKLIA2で北朝鮮の金正男が暗殺された。

出発前は大丈夫かなと思ったが、警察が沢山居た訳でも無く、一般エリアは普通だった。

ただ、イミグレーションは今までに無く混雑していたが、理由がそれなのかは不明。

至って普通だったのは驚いた。

逆にシンガポールの空港は軍の人が機関銃を持って警備してて、こっちの方が厳重に感じた(一般エリアでの光景)↓

チャンギ国際空港

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。