ベトナム ホーチミン国際空港(タンソンニャット国際空港)でプライオリティパスで入れるラウンジ オーキッドラウンジ(ORCHID LOUNGE)

2017年1月のベトナム旅の事。

年末年始をベトナム ホーチミンで過ごして全日空 NH832便で成田空港に帰る時にホーチミン国際空港(タンソンニャット国際空港)で利用したラウンジを紹介。

国際線ターミナルの手荷物検査場、出国審査場を抜けて左に進むと入り口が見えてくる。

↓出国審査場を抜けて左を向いたところ。

タンソンニャット国際空港

↓17番搭乗ゲートの先にある。タンソンニャット国際空港

↓17番搭乗ゲート過ぎるとSASCO CIP Loungeの看板が見えてくる。タンソンニャット国際空港

↓看板通りに右に曲がるとオーキッドラウンジ(ORCHID LOUNGE)の入り口が出てくる。タンソンニャット国際空港

↓階段を降りていくとラウンジが見えてきた。エレベーターでも降りる事ができる。ラウンジ

ラウンジの入り口は撮り忘れてしまったが、ちょっと暗めな感じだった印象。

プライオリティパスの読取機の調子が悪くて、読み取れずカード番号を紙に控えていた。後から来た人にも同じ対応だったからそんなもんらしい。

自分のプライオリティパスのカードは磁気が弱っているらしく、他の空港でも読み取れずにカード番号を手入力で処理してもらった事が何回かあった。

この場合は新しいカードに交換してもらえるのだろうか、、、

中に入ってソファに座って撮ったところ↓

ラウンジ

ソファーにはコンセントは無さそう。

↓フルーツは4種類ぐらいあった(バナナ・ドラゴンフルーツ・スイカ・リンゴみないなやつ)

ラウンジ

↓スイカはまあまあの甘さ。ラウンジ

↓飲み物もコーヒー類の他にビール・ミネラルウォーター・炭酸類も揃っている。

ラウンジ

ラウンジ

↑フルーツジュース類は冷蔵庫下段に紙パックで入っていた。

ジュースサーバーには入っていない、、、

やはりベトナムなのでフォーが置いてある。

薄味だけど出汁が効いている。青唐辛子を足せばピリッとアクセント。ライムをかければサッパリ食べれる。ラウンジでもそこそこのクオリティだと思う↓

ラウンジ

この後乗る全日空 NH832便で出てきた蕎麦よりラウンジのフォーが全然美味しかった。

写真には無いが、この他にお粥、パン、ちょっとよく分からないローカルなお菓子が置いてあった。

ラウンジのガラス張りから見える先にはエミレーツ航空とこれから搭乗する全日空 NH832便が見える↓

エミレーツ

全日空 NH832便

ラウンジは少し古い印象で照明もそんなに明るくはない。昼間はガラス張りだからかなり明るいと思う。

軽食・飲み物の数は他の空港のラウンジと比べて多くはないけど、フォーが食べれるのは良い。

フルーツも無くなる直前にちゃんと補充していた。

旅の最後にゆっくりとした空間でフォーや軽食、飲み物を飲んで飛行機を待つのも良いかも。

※ラウンジの情報は変わる可能性があるので、利用する時はプライオリティパスのサイトやアプリで事前に確認を!

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。