シンガポール チャイナタウンでチキンライスが手頃で美味しい店(Tiong Bahru Boneless Hainanese Chicken Rice)

2017年2月のマレーシア・シンガポール旅の事。

マレーシア クアラルンプールからトランジットでシンガポールに到着し、MRTチャイナタウン駅前で日本の友達と現地待ち合わせ。

クアラルンプールからシンガポールへはタイガーエアで移動した。

その時の搭乗記はこちら

チャイナタウン駅で合流後、ご飯にする事に。

その友達はシンガポールに前乗りしていて、チキンライスが手頃で美味しい店があるとの事でそこでお昼ご飯をする事に。

店の名前はTiong Bahru Boneless Hainanese Chicken Rice。

場所はここ↓

googleマップだと店の名前がTiong Bahru Chicken Riceに略されているが同じ店。

MRTチャイナタウン駅からは狭い路地が続くので、googleマップのナビ機能で移動すると良さそう。

店はChinatown Complexに面していて、目の前には駐車場のスロープが見える↓

Tiong Bahru Boneless Hainanese Chicken Rice

店内はこんな感じ↓

Tiong Bahru Boneless Hainanese Chicken Rice

店内とテラス席(?)を含めてのそんなに席数はそんなに多くない。

行った時間が土曜の夕方だったからお客さんが少なかったのかも。

メニューは上の写真のように写真付きのメニューが貼ってあったり、席にも写真付きのメニューがあるので、英語が出来なくても指さし注文ができる。

こんな感じで金額が入ったメニューがある↓

Tiong Bahru Boneless Hainanese Chicken Rice

自分が注文したのはレモンチキンライス(Lemon Chicken Rice、メニューの上から二つ目)、友達はハイナンチキンライス(Hainanese Chicken Rice(海南鶏飯)、メニューの一番上)。

注文してすぐに出てきたのがこれ↓

Tiong Bahru Boneless Hainanese Chicken Rice

手前がレモンチキンライス、奥がハイナンチキンライス。

どちらも鶏肉で炊いたご飯でチキンエキスが染みてて美味しい。

ライスの上に乗っているチキンのも熱々ではないが、カリっとしていて、サッパリしたソースが絡まって美味しかった。

添えてあるチリソースで味にアクセントを付ければ、また美味しく食べられる。

友達のハイナンチキンライスもとても美味しいとの事。

上にパクチーが乗っていて、味や雰囲気はタイのカオマンガイ。

ただ、シンガポール風なので少し違う様だ。

どちらもセルフサービスでスープが付いてくる様子。

今回は飲めなかったので、次回飲んでみたい。

これで、レモンチキンライスは3.5シンガポールドル、日本円で300円程度。

ハイナンチキンライスは普通サイズで3シンガポールドル、日本円で250円程度だ。

日本より物価の高いシンガポールでかなりリーズナブル!

店の場所も雰囲気もローカルな感じでとても味がある。

食事も美味しくお店だった。また、行ってみたと思った。

シンガポールのレストランでの食事いいが、こういったローカルなお店でシンガポールのご飯を食べるのもいいもの。

近くに行ったら寄ってみては?

トリップアドバイザーに店の紹介と口コミがある。リンクはこちら

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする