日本発の香港エクスプレスはオンラインチェックインしても必ず紙の搭乗券が発券される(搭乗口まではチケットレス可)

2017年3月の香港・マカオ旅のこと。

香港に行く時に毎回利用する航空会社が香港エクスプレス。

今回は香港エクスプレスのスマホアプリからオンラインチェックインして出発する事に。

香港エクスプレスのアプリは出来が良くてスムーズにオンラインチェックイン完了。

※オンラインチェックインしたスクリーンショット撮り忘れた、、、

ここで、QRコードと搭乗者情報が分かる画面をスクリーンショットで画像として保存しておいた方が良い。

急に提示を求められてもアプリが上手く動作しなかったり、表示に時間が掛かる事があるからだ。

前に、どこかの航空会社のカウンターで、そう言われた事がある。

で、羽田空港国際線ターミナルに到着。

羽田空港国際線ターミナル

今回搭乗するUO623便は深夜発の便。

ちなみに羽田空港から出発する国際線で深夜・早朝以外の便に乗った事がない。

この日は一番端っこのチェックインカウンターAにてチェックイン業務をしていた。

羽田空港国際線ターミナル

↑同じAカウンターには香港エクスプレスの他にシンガポール航空もカウンターをオープンしていた。

Aカウンターをシンガポール航空と香港エキスプレスで3:2で分けていた。

経費節減はカウンター数にも反映される、、、

※以前、香港エキスプレスを使った時は反対のBカウンターを使っていたと思う。

その日や時間によってカウンターが変わる。LCCでアライアンスにも入ってないから仕方がないのかな。

チェックイン開始から少し時間が経っていたから順番待ちの乗客は少なめ↓

羽田空港国際線ターミナル

入口にはUO623便の表記。

早朝発の便もあるから分かる様に書いているのだろう↓

香港エクスプレス

香港エクスプレスのサイトやスマホアプリからオンラインチェックインして、預け荷物のある乗客はこの標識のレーンで荷物を預ける↓

この時点で通常の搭乗券が渡される。

香港エクスプレス

毎回だけど自分は預け荷物は無いから、このカウンターを横目に保安検査場へ。

時間が夜10時を過ぎて、保安検査場が混んで長い列になっているので並ぶ事に。

この時点で搭乗券はスマホに表示されるQRコードの画面のみ。

保安検査員にスマホを渡し、スキャナでスマホ画面のQRコードをかざし、パスポートチェックされて通過。

イミグレーションは自動ゲートで通過したので搭乗券画面を誰かに見せる事も無くスルー。

搭乗開始まで少し時間があったから中央の出国審査場を出て、正面エスカレーターを登った先にあるカードラウンジSKY LOUNGEに行ってみた。

ここは出国審査場を出てすぐにあるのと、狭くて座席数が少ないから常に人が多い↓

羽田空港国際線ターミナル

このカードラウンジを使う時に提携クレジットカードの他に搭乗券を見せるが、ここでもスマホアプリに表示された搭乗券画面を見せて中に入れた。

少し休んで搭乗口の方へ向かう事に。

が、ここからがいつもと違った。

羽田空港国際線ターミナル

搭乗口近くのイスで待っていると搭乗口近くだけで流れるアナウンスで名前を呼ばれた。

呼ばれたのは自分の他に数人。

何だろうと思い搭乗口横のカウンターへ↓

羽田空港国際線ターミナル

カウンターの人にパスポートを渡し、搭乗券画面を見せる。

どうやらオンラインチェックインをして、有人カウンターに寄らなかった人が呼ばれた様だ。

パスポートを渡したまま、待つ事に。そこそこな時間待ったと思う。

その間に搭乗開始となり、乗客がぞろぞろと機内に進んでいく。

自分も早く乗りたかったがまだ、パスポートが返却されていないので待つ事に、、、

日本からの出発便は海外客の手荷物がかなりの量で、機内荷物入れがパンパンの事もしばしば。

自分の座席から離れた場所に手荷物を入れる事になるので、機内に早めに乗り込んで荷物を入れたかった、、、

少しして、カウンターからやっと呼び出された。

パスポートと搭乗券を渡されて機内に乗り込む↓

羽田空港国際線ターミナル

本日の機体↓

香港エクスプレス

他のLCCと同じエアバスA320で機体は変わらないけど。

この日の手荷物入れはパンパンという程では無かったから、荷物を整理すれば自分の席の真上に自分の手荷物が置けるぐらいだった↓

香港エクスプレス

ちなみに、香港エクスプレスはLCCなので座席間隔は狭い↓

香港エクスプレス

この日はちょっとの遅延程度で羽田空港を離陸。

いざ、香港・マカオへ!

今回分かった事は、香港エキスプレスはサイト・スマホアプリからオンラインチェックインし、チェックインカウンターをスルーしても搭乗口までは進む事はできる。

が、搭乗口カウンターでドキュメントチェック(パスポートの確認)と搭乗券の発券があるので搭乗直前で手間取る。

万一、アナウンスで自分の名前が呼ばれても聞こえてない・聞いてなくて搭乗口カウンターに寄らなかった場合、離陸直前でバタバタする事になりそう。

事前に時間がある人はオンラインチェックインしても、チェックインカウンターで搭乗券を発券してもらっておいた方が良いと思った。

同じようにオンラインチェックインができるエアアジアXはオンラインチェックイン後に表示される、用紙・画面には搭乗券(Boarding Pass)の記載はない。

これはチェックインカウンターでパスポートの確認(ドキュメントチェック)が必要な為。

香港エキスプレスもこの辺の表記・表示は改めてもらった方が良いと思った。

ちなみにこの逆の香港から日本への便は紙の搭乗券が発券されてなくても搭乗する事はできる。エアアジアXも同様だ。(日本だけ厳しいのか?)

オンラインチェックインは便利だけど、直前であたふたしない様に今回の事を事前に知っておいた方が良いと思った。

知らなった自分は搭乗口であたふたしてしまった、、、

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。