マレーシアのKLセントラル駅すぐ、朝食が豪華なヒルトン・クアラルンプールに泊まってみた

2017年2月のマレーシア・シンガポール旅の事。

今回はシンガポールで現地待ち合わせした友達とマレーシア クアラルンプールで二泊するので、今回はちょっと豪華にヒルトンホテルに宿泊してみた。

宿泊したホテルはヒルトン・クアラルンプール。

場所はここ↓

地図で見ての通り、KLセントラル駅直結まではいかないが、ほぼ駅直結と言っていいぐらいの駅近。

KLセントラル駅を出て、交通整理の誘導員が居る横断歩道を渡るとヒルトンホテル クアラルンプールだ。

ヒルトンクアラルンプール↑駅の出口から見た正面入り口

ツインタワーになっていて、左側がヒルトンホテル、右側がホテル ル メリディアン クアラルンプールだ↓

ホテル ル メリディアン クアラルンプールの料金・空室情報はこちらで確認を!

ヒルトンクアラルンプール

中に入り、ロビーを進んでいくとフロントだ。

フロントに向けて進むと右手にロビー?バー?カフェ?が広がっている↓ヒルトンクアラルンプール

もう少し歩いて進んでいくとフロントが左手に見えてくる↓

ヒルトンクアラルンプール

フロントには日本の国旗のマークが付いた名札の女性がいた。

日本人の方がフロントに居るのには驚いた。

聞くと研修で日本から来ているとの事で、今はクアラルンプールには居ないかもしれない。

パスポートとデポジット用でクレジットカードを渡してチェックインを済ませる。

部屋へと進むが客室フロアの廊下も他のホテルよりも豪華なつくり↓

ヒルトンクアラルンプール

部屋もそんなに広くないが、きれいなつくり↓

ヒルトンクアラルンプール

今回予約した部屋はツイン ヒルトン デラックス。比較的なリーズナブルなプラン。

写真左半分が鏡張りで分かりづらいがクローゼットになっている↓

ヒルトンクアラルンプール

このクローゼットは反対側も開く。

反対側は浴室になっている。

写真右奥に見えるの湯舟↓

ヒルトンクアラルンプール

浴室と客室がの間がバリアフリーだ。

と、言うかベッドの目の前に湯舟があると言っても間違いじゃないぐらい湯舟が開放的。

浴室とベッドルームの間は擦りガラスの引き戸があるので、当然だけど空間は分けられる。

いやらしい作りではないが、友達と泊まるホテルなので少し恥ずかしくなる作りだ(笑)

海外ではよくある浴室と洗面台、トイレがセットになった作り。

ここの空間が分かれてないのでバリアフリーだ。

ちなみにトイレは松下電工(今のパナソニック)のウォシュレット付。

客室からの眺め↓

ヒルトンクアラルンプール

たしか10階以上のフロアだった気がする、、、

マレーシアには屋台が少ないので今回は朝食付きのプランにしていた。

朝食会場はフロント近くにある。

中に入ると広い空間の中央に料理が並び、そこを囲うようにテーブルが並んでいる。

生搾りジュースバーもある↓

ヒルトンクアラルンプール

パンの種類も沢山↓

ヒルトンクアラルンプール

菓子パンやドーナッツも充実↓ヒルトンクアラルンプール

サラダのドレッシングも沢山ある↓

ヒルトンクアラルンプール

手間のフタの中は白米だったと思う↓

日本食も少しはある。ヒルトンクアラルンプール

料理は目の前で作ってくれるオムレツや洋風な物の他に中華系、日系、インド系?的な料理も並んでいた。麺類もいくつかあった。

もちろん、フルーツも充実。

ホーススタッフがタイミングよくコーヒーを淹れに来てくれたり、食べ終わった食器を下げてくれたりと教育もしっかりしていた。

ただ、二泊して朝食を2回食べたが日替わり的な料理は無さそうだった。

ホテル柄かヨーロッパ系の人が多くいる感じだが、日本語も少し聞こえてきた。

インド系・アジア系も人も居たので、国際色豊かの印象。

ヒルトン・クアラルンプールには屋外プールとジムがある↓

ヒルトン・クアラルンプール

プールエリアの撮影は良くないと思うので、遠くから撮影してみた。

この奥にそんなに広くないがプールがある。

ウォータースライダーもある。

このエリアはツインタワーの真ん中にあって、テル ル メリディアン クアラルンプールとの共用エリア。

赤道に近いクアラルンプールなら気持ちよくプールを楽しめそうだ。

特にこの日は日差しが強かったのでプール日和。

でも、プールは思った以上に広くないから、水遊び程度しかできない。

今回宿泊したヒルトンホテルは高級ホテルの部類だけど、東南アジアのマレーシアなのでそんなに金額は張らない。

日によって金額は大きく違うが、今回は一泊1万円だったと思う。

二人で泊まったので朝食付き二泊で1万円だ。

クアラルンプール国際空港からの特急電車の終着駅、KLセントラル駅にほぼ直結しているので移動もラクチン。

KLセントラル駅挟んで反対側には手頃なホテルも多いけど、日本で利用しづらい豪華なホテルも海外なら、たまにはいいもの。

クアラルンプールで泊まる予定があるなら、宿泊候補にしてみても良いかも。

ヒルトン・クアラルンプールの料金・空室状況はここから確認を!

スポンサーリンク
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする